子供が嫌いな野菜とその理由

子供が嫌いな野菜とその理由

子供は、すべての野菜が嫌いなわけではないですよね。
これでは、嫌いや野菜ってどんなものか、その理由は何かをを調べました。

 

苦味が強い野菜

野菜不足

ピーマン、ゴーヤ、ニガウリ、セロリなど

 

これらは、苦味が強い野菜ですよね。
特にピーマンは、ほとんどの子供が嫌いと答えますね。
苦味を感じさせないように、よく火を通す、細かく刻む
などの工夫がいりますね。

 

辛味が強い野菜

玉ねぎ、長ネギなどのネギ類など

 

玉ねぎやネギ類などは、ツンとした刺激臭があるため
生のままだと、刺激が強すぎますよね。

 

ところが、火を通すと柔らかくて甘くなるため
子供でも美味しく食べられる食感に変身しますね。

 

ニオイが強い野菜

にんにく、ニラ、パクチーなど

 

にんにく、ニラ、パクチーなどの香味野菜は、独特な匂いがあり
好き好きがはっきり別れます。

 

大人でも、好き好きがある野菜ですから、どうしても食べられない
お子さんもいると思います。

 

無理せず、ゆっくり慣れていってもらうようにしましょう。

 

その他の嫌いな野菜

ナスは、アクが強く、食感も独特です。

 

しいたけは、独特の癖のある匂いと見た目が苦手だと
いう子供さんがいます。

 

トマトは、酸味や、種の部分のジュルっとした食感が
苦手な子が多いです。

 

 

 

ここに挙げた野菜は、「好き」と「嫌い」の両極端な意見に
別れます。

 

アクの強いもの、クセの強いもの、食感や見た目が苦手なところから
子供が嫌いになってしまうことが多いんですね。

 

すべての野菜を好きになる必要はありませんよね。
子供の味覚は、経験とともに成長していきます。

 

焦らず、じっくりと、野菜の食事の経験を積んでいってあげましょうね。

 

子供に必要な野菜に含まれるビタミンへ

 

 

 

関連ページ

野菜に対する嫌な思い出が子供の心に野菜嫌いを作る
毎日毎日、野菜を食べてくれない子供に、ついイライラして怒鳴ったり、嫌な顔をしたりしていませんか? そんなお母さんの態度を子供は敏感に感じて、思っているよりも深い傷を心に抱えてしまっていることがあります。
子供が野菜を食べる経験
子供が野菜を食べない理由の一つに、野菜を食べる経験が不足していることが挙げられます。家庭で、野菜の調理をしている姿を子供さんに見せていますか?