子供に必要な野菜に含まれるビタミン

子供の成長に必要な野菜に含まれるビタミンはどんな働きなのでしょうか

野菜には、ビタミンとミネラルが豊富に含まれています。
これらが、子供の成長に、どう関わっているのでしょうか?

 

野菜に含まれるビタミン

 

  • ビタミンA(βカロテン):にんじん・かぼちゃ・ほうれん草など
  • ビタミンB郡(B1,B2,B5,B6):インゲン豆・大豆などの豆類
  • ビタミンC:りんご・みかん・キャベツ・ピーマン・ゴーヤなど
  • ビタミンD:しいたけ・きくらげなど
  • ビタミンE:かぼちゃ・パプリカ・アボガド・アスパラなど

 

ビタミンA(βカロテン)について

 

ビタミンAは、ニンジンやかぼちゃに多く含まれています。
これは、目の網膜にある「見る」ための神経伝達物質に不可欠です。
不足すると、暗いところで目が見えづらくなる心配があるんですね。

 

βカロテンは、体内でビタミンAに変わる性質があります。
体内でビタミンAにならなかったら、抗酸化物質として働くんですよ。

 

ビタミンAは、脂溶性です。ですから、油炒めなどにすると
吸収力がアップします。

 

でも、肝臓に溜って過剰症を起こしやすいので、
食べすぎには要注意!

 

ビタミンB郡(B1,B2,B5,B6)について

 

ビタミンB郡は、体の代謝をアップさせる働きがあります。
そして、筋肉や骨を作る助けになり、皮膚や粘膜、血管を
作るために重要な栄養素なんです。

 

どちらかというと、その多くは乳製品や肉・魚に多く含まれています。

 

野菜に含まれるのは少量なんですよ。

 

野菜の中では、大豆やインゲン豆、あずき、ひよこ豆、えんどう豆などの
豆類に多く含まれます。

 

特に納豆は、多くのビタミンB郡を多く含む栄養価に優れた発酵食品です。

 

ビタミンCについて

 

ビタミンCは、細胞の成長や免疫力の強化にとって重要な栄養素です。
体内でウイルスや病原菌と戦う白血球の機能を高め、
風や病気の予防に効果があります。

 

さらに、体内に入った有毒物質を解毒するなどの働きがあります。

 

りんご、みかん、キャベツ、ピーマン、ゴーヤなど、多くの野菜に含まれるのですが
熱、酸素、水に弱いため、時間が経つと、あっという間に失われてしまうんですよ。

 

ビタミンCは、鮮度の良い野菜を生で食べるのがおすすめの食べ方です。

 

ビタミンDについて

 

ビタミンDは、骨と歯の成長に関係する栄養素です。
太陽の紫外線によって生成される仕組みのえ栄養素のため
天日干しに野菜に多く含まれるんですよ。

 

干ししいたけ、干しきくらげなどに多く含まれています。

 

ビタミンEについて

 

ビタミンEは、血液や血管の発達に必要な栄養素です。
その他、細胞の結びつきを安定させる働きがあるんですね。

 

ストレスによって体を害する活性酸素の除去にも一役買います。

 

主にかぼちゃ、パプリカ、アボガド、アスパラガスに多く含まれます。
ビタミンEは、ビタミンCの働きを助ける役目をするため、
一緒に摂ることで、より効果的に働きます。

 

 

免疫力やアレルギーと野菜の関係へ

 

 

 

関連ページ

免疫力やアレルギーと野菜の関係
免疫力やアレルギーと野菜は、どんな関係があるのでしょうか?調べました。
骨と歯の成長に必要なカルシウムと野菜の関係とは
野菜には、子供の骨と歯の成長に必要なカルシウムが含まれているものがあります。調べてみました。
野菜に含まれる子供に必要なミネラルについて
野菜には、子供に必要なミネラルが豊富に含まれています。その種類と働きについて調べました。
野菜不足で引き起こす可能性がある症状と病気
成長期の子供にとって野菜不足はとても心配な症状や病気を引き起こす可能性があります。どんなものかを調べました。
野菜嫌いを克服することで得られる明るい未来
野菜嫌いを克服し、バランスの良い食事をすることで、どんな明るい未来が待っているのでしょうか? 調べました。