免疫力やアレルギーと野菜の関係

免疫力 野菜,アレルギー 野菜

 

免疫とは

 

免疫とは、自分で自分の体を守る力のことです。
病気やケガに抵抗して戦う力、すなわち自分で自分を
癒す治癒力のことを指すんですよ。

 

風邪をひいてしまったり、怪我をしてしまったりしても
軽ければ、しばらくすると回復しますよね。

 

これが、自分の体を害する病原体や毒、微生物を攻撃し、
傷ついた部分を回復させる能力があるからなんですね。

 

子供の免疫力

 

生まれたばかりの赤ちゃんには、免疫力がありません。
ですから、赤ちゃんには、様々な病気に対する抵抗力がなく
たくさんのウイルスや病気が、命取りになりかねません。

 

赤ちゃんは、「母子免疫」と呼ばれる母親の免疫を受け継ぐことで
一時的に病気にかかりにくくなります。

 

でも、母子免疫は一時的なものなんですね。
赤ちゃんは、成長とともに自分の体に免疫を備えながら
成長していかなければなりません。

 

病気やケガに抵抗できる力と、自分自身を回復させる
治癒力をつけるために野菜はとても大切なんですよ。

 

アレルギーと免疫力

 

アレルギーの大きな原因とされるのが子供の免疫力の低下が挙げられます。

 

アトピーや花粉症、食物アレルギーや喘息の子供が急増していますね。

 

アレルギーとは、免疫機能が間違って体の内側を攻撃してしまうために
起こるもので、免疫機能の誤作動なんですね。

 

アレルギーを軽減するために、免疫機能の精度をあげて、
安定させることが、とても大切になります。

 

免疫機能を上げるのは淡色野菜

 

免疫力を上げる物質として、野菜に含まれるクロロフィルや
リコピン、ポリフェノール、βカロテンなどがありますね。
また、多くの野菜には酵素が含まれ、体内の細胞の
働きを助けます。

 

免疫力の向上に効果が期待できる野菜として、淡色野菜が
今、注目されています。

 

淡色野菜とは、白や黄緑といった、淡い色の野菜です。

 

代表的な淡色野菜

 

玉ねぎ、らっきょう、ネギ、キャベツ、レタス、かぶ
大根、白菜、カリフラワー、レンコンなど

 

これらの淡色野菜のは、免疫力を上げるビタミンCや
イオウ化合物、硫化アリルなどの成分が豊富です。

 

そして、淡色野菜は、火を通すと甘みが増してクセがなくなりますよね。
子供にも食べやすい味になりますね。

 

緑黄色野菜とともに、淡色野菜も取り入れて、免疫力をしっかりつけたいですね。

 

 

骨と歯の成長に必要なカルシウムと野菜の関係とはへ

 

 


関連ページ

子供に必要な野菜に含まれるビタミン
野菜に含まれる、子供の成長に必要なビタミンの種類とその働きを調べました。
骨と歯の成長に必要なカルシウムと野菜の関係とは
野菜には、子供の骨と歯の成長に必要なカルシウムが含まれているものがあります。調べてみました。
野菜に含まれる子供に必要なミネラルについて
野菜には、子供に必要なミネラルが豊富に含まれています。その種類と働きについて調べました。
野菜不足で引き起こす可能性がある症状と病気
成長期の子供にとって野菜不足はとても心配な症状や病気を引き起こす可能性があります。どんなものかを調べました。
野菜嫌いを克服することで得られる明るい未来
野菜嫌いを克服し、バランスの良い食事をすることで、どんな明るい未来が待っているのでしょうか? 調べました。