骨と歯の成長に必要なカルシウムと野菜の関係とは

骨と歯の成長に必要なカルシウムと野菜の関係

カルシウムの働きは?

 

野菜不足

カルシウムは、骨と歯の成長に必要な栄養素です。
骨は、、幼児期に、体の発達とともに、著しく成長します。

 

子供の骨は、大人より柔らかく、少なくできています。
そして、成長とともに、大きく、強くなっていきます。

 

歯も、カルシウムでできていますね。
子供は、6〜7歳頃に、乳歯から永久歯に生え変わり、成長していきますね。

 

成長していく歯で、しっかりと噛むことは、顎の成長につながり、
脳の働きにもいいんですよ。

 

また、神経の機能の安定にも、カルシウムが働いているんですね
イライラや抗うつ感というのは、神経の興奮を抑えられない状態なんです。

 

カルシウムは、このバランスを整えるために使われるため「抗ストレスミネラル」とも言われています。

 

カルシウムが不足するとどうなる

 

カルシウムが不足すると、骨が弱くもろくなる、虫歯になりやすい、
イライラしやすいといった問題が出てきます。

 

カルシウム不足によって、スカスカしたもろい骨しか作られず、
虫歯になりやすく、精神的もイライラして不安定な状態になってしまいます。

 

この、カルシウムは、ビタミンDの働きが重要なんですね。

 

カルシウムが足りていても、ビタミンDが足りないと、骨が成長してくれません。

 

カルシウムは、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどに多く含まれます。

 

野菜では、ほうれん草や小松菜に多く含まれます。
また、鉄分やマグネシウム、ビタミンC,βカロテンなども豊富に含まれます。

 

ビタミンDは、野菜からも摂れますが、日光を浴びることでも、
体内のコレステロールから生成されます。

 

カルシウムとビタミンDをうまく取り入れたいものですね。

 

 

 

野菜に含まれる子供に必要なミネラルについてへ

 

関連ページ

子供に必要な野菜に含まれるビタミン
野菜に含まれる、子供の成長に必要なビタミンの種類とその働きを調べました。
免疫力やアレルギーと野菜の関係
免疫力やアレルギーと野菜は、どんな関係があるのでしょうか?調べました。
野菜に含まれる子供に必要なミネラルについて
野菜には、子供に必要なミネラルが豊富に含まれています。その種類と働きについて調べました。
野菜不足で引き起こす可能性がある症状と病気
成長期の子供にとって野菜不足はとても心配な症状や病気を引き起こす可能性があります。どんなものかを調べました。
野菜嫌いを克服することで得られる明るい未来
野菜嫌いを克服し、バランスの良い食事をすることで、どんな明るい未来が待っているのでしょうか? 調べました。