野菜をもっと食べやすくするには

野菜を食べやすくするちょっとしたコツとは

子供が、野菜を食べやすくするには、ちょっとしたコツがあります。

 

子供って、ソーセージやチーズが好きですよね。
こういった食材と一緒にすると、野菜を食べてくれることが多いです。

 

玉ねぎやにんじんなども、カレー味や、ケチャップ味、マヨネーズ味に
すると、食べてくれたりします。

 

ブロッコリーなどは、茹でたままだと、青臭い感じがしますが、
カレー粉をまぶして、炒めてやると、青臭さが消えて食べやすくなりますよ。

 

味を工夫することで、野菜を食べてくれるようになります。

 

野菜不足

また、食感も、子供の好みに合わせてみるといいですよ。
ブロッコリーなどは、ゆで方で「シャキシャキ」になったり
「モッチリ」になったりしますよね。

 

ピザなどにのっているピーマンが嫌いな子供は、ほとんど
取り除いてしまいますが、ほんのひとかけらを、取り除き忘れて
食べてしまったのがきっかけで、食べられるようになる子もいます。

 

関連ページ

野菜をすりおろして見た目の抵抗をなくす
野菜をすりおろすと、見た目のていこがなくなります。料理って、見た目も大切な要素の一つですよね。
温野菜は甘味と食感が子供にもおすすめ
野菜は、蒸したり茹でたりして温野菜にすると、甘みが増して食感が柔らかくなります。そうすると野菜が苦手な子供でも食べてくれます。
野菜スープは子供でも量がたくさん食べられます
野菜スープは、子供でも量がたくさん食べられます。野菜のカサがぐっと減るからなんですよ。
子供の野菜不足に野菜ジュースは役に立つ?
子供の野菜不足に、野菜ジュースは有効なんでしょうか?また、活用するとしたらどんな場合がいいのでしょうか?調べました。