温野菜は甘味と食感が子供にもおすすめ

温野菜は、甘味と食感が子供にも食べやすいですよ

温野菜とは、蒸したり茹でたり、レンジでチンして
温かくする調理法です。

 

こうすると、甘みが増したり、食感が柔らかくなります。
野菜によっては、色が鮮やかになり、見た目も美味しそうになります。

 

そして、温めることで、カサが減るので、野菜をたくさん食べられるんですよ。
レタスなどは、カサがへるのに、シャリっとしているんですよ。

 

温野菜にする調理法でおすすめなのは、「蒸す」ことです。
スープや煮込み料理に比べると、栄養が逃げにくいからです。

 

ビタミンやミネラルは、茹でたり煮たりすると水に溶けてしまい
大部分が失われてしまうものが多いです。

 

野菜不足

水につけずにむすことで、本来の栄養が、できるだけ失われずに美味しく食べることができますね。

 

温野菜は、適当な大きさに切って蒸し器に入れるだけなので
調理が簡単です。

 

タジン鍋や、レンジ用蒸し器、シリコン製の蒸し器などが登場し
温野菜の調理が、ますますやりやすくなりましたね。

 

温野菜に向いているものは、たくさんありますが、特に甘みが増し
美味しさがアップするのが、ニンジン、かぼちゃ、かぶ、じゃがいも、
さつまいも、キャベツです。

 

子供が苦手な野菜として名前が上がりやすいブロッコリーや
アスパラガス、カリフラワーなども、温野菜にすることで、食べやすくなります。

 

さらに、ソースを工夫すると、もっと食べやすくなります。
味噌を使った甘めのソースやチーズフォンデュ風のチーズソースなど
試してみてくださいね。

 

関連ページ

野菜をもっと食べやすくするには
野菜を食べやすくするには、ちょっとしたこつがあります。そんなに難しいことではありませんよ。
野菜をすりおろして見た目の抵抗をなくす
野菜をすりおろすと、見た目のていこがなくなります。料理って、見た目も大切な要素の一つですよね。
野菜スープは子供でも量がたくさん食べられます
野菜スープは、子供でも量がたくさん食べられます。野菜のカサがぐっと減るからなんですよ。
子供の野菜不足に野菜ジュースは役に立つ?
子供の野菜不足に、野菜ジュースは有効なんでしょうか?また、活用するとしたらどんな場合がいいのでしょうか?調べました。