野菜スープは子供でも量がたくさん食べられます

野菜スープだと子供でも量をたくさん食べられます

野菜を食べましょうというと、どうしても生野菜サラダを
思い浮かべてしまいます。

 

ですが、生野菜は、カサが多く、以外にたくさん食べられないですね。
ところが、スープにしたり、煮込んだりすると、カサが減り、たくさん食べられます。

 

生では食べにくい野菜でも、スープにして煮込むと、甘みが増したり、柔らかくて
食べやすくなりますね。

 

しかも、作りおきがきくので、忙しい時など、すごく助かりますよね。

 

野菜不足

野菜に含まれるビタミンは、水に弱く、スープや煮込み料理では
溶け出してしまうこともありますが、溶け出した汁ごと飲むことで
栄養を上手く取り入れられますね。

 

スープにおすすめの野菜は、キャベツ、玉ねぎ、大根、ニンジン
かぼちゃ、かぶ、セロリ、大豆、トマト、ブロッコリーなどがあります。

 

生のままでは硬い人参や大根、臭がきつい玉ねぎ、カサがあるキャベツ
などは、煮込むことで、やわらかくなるし、甘味も増します。

 

子供には、ぐっと食べやすくなりますね。

 

ダシや味付けに、ソーセージやミートボール、つくね、ベーコンなどを
入れたり、チーズや卵を入れると、旨みがぐっと増しますよ。

 

子供の好きなものを味方につけて、野菜をさらに食べやすくしてあげる
作戦もいいですよ。

 

野菜の旨みをひきだすのに、昆布だし、鰹だし、コンソメ、鶏がらスープや
中華だしをちょっと加えるだけで、味に深みが生まれますね。

 

子供の味に、大人の皿だけに、タバスコを少し入れるだけで
大人用にも向く野菜スープができます。

 

ちょっとした工夫で、大人も子供も楽しめるスープになりますよ。

 

関連ページ

野菜をもっと食べやすくするには
野菜を食べやすくするには、ちょっとしたこつがあります。そんなに難しいことではありませんよ。
野菜をすりおろして見た目の抵抗をなくす
野菜をすりおろすと、見た目のていこがなくなります。料理って、見た目も大切な要素の一つですよね。
温野菜は甘味と食感が子供にもおすすめ
野菜は、蒸したり茹でたりして温野菜にすると、甘みが増して食感が柔らかくなります。そうすると野菜が苦手な子供でも食べてくれます。
子供の野菜不足に野菜ジュースは役に立つ?
子供の野菜不足に、野菜ジュースは有効なんでしょうか?また、活用するとしたらどんな場合がいいのでしょうか?調べました。