子供と野菜嫌いについて話してみましょう

子供と野菜嫌いについて話してみましょう

子供が、なんで、ピーマンが食べられないんだろう、
生のトマトがどうしても食べられるようになりたいと
悩んでいる時に、親として、どう接してあげたらいいのでしょうか。

 

 

野菜不足

まず、ピーマンが苦手な子供に、ピーマンが食べられなくても
ピーマンに含まれるβカロテンやビタミンCは、人参やかぼちゃにも
含まれているし、鉄分は、ほうれん草や小松菜に含まれていますね。

 

 

また、ピーマンは食べられなくても、赤や黄色のパプリカなら
食べられるなら、今、無理してピーマンが食べられなくても
栄養面では、ちゃんと補われていることを話してあげるといいですよ。

 

 

そして、こんな機会に、お母さんが子供の頃苦手だった野菜のことや
どうやって食べられるようになったかを話してあげるのもいいですね。

 

もちろん、お父さんの苦手だった野菜の話もしてあげるといいですよ。
こうして、親子のコミュニケーションをとる絶好のチャンスに変えることができますよ。

 

 

野菜不足

特に、普段忙しくて、なかなか子供と食事をとる時間のないお父さんと、
子供の距離を縮める機会になります。

 

 

野菜が苦手なことを悩んでいる子供と親子の距離を縮める
チャンスがやってきました。

 

ピンチはチャンス!

 

子供の気持ちを楽にしてあげられる上、親子の心の距離を
ぐっと引き寄せて上げてくださいね。

関連ページ

子供に料理のお手伝いをしてもらう
子供に料理のお手伝いをしてもらっては?子供は、自分が作ったものだと、積極的に食べますよ。
自宅でできる野菜を育てるといいですよ
自宅でできる野菜を育てることで、子供が、野菜に興味を持つようになります。1個の種から、芽が出て葉が出て、やがて野菜になっていく姿を見せるといいですよ。
子供の野菜嫌いに親が向き合うコツ
子供の野菜嫌いを克服するために、親が向き合う時のコツがあります。どんなことなのかを解説します。