夏の塾弁 腐らないための工夫

夏の塾弁 腐らないための工夫あれこれ

夏の塾弁、忙しい中、せっかく作ったのに傷んでしまったらショックですよね。
あなたは、傷まないように、どんな工夫をしていますか?
傷まないための工夫を調査しました。

 

 

朝は、とっても忙しいので、前の晩にすっかり作って
粗熱を取ってから、冷蔵庫に入れておくのよ。

 

そして、そのまま保冷バックに入れて持っていきます。
この方法で、いたんだことがないのよ。


 

ケーキなどを買ったときに入ってきた
小さな保冷剤を取っておいて使ってます。

 

その時によって1個とか2個とか使っています。
かさばらなくて便利ですよ。


 

わさびシートを使ってます。
特にご飯物にはいいですよ。


 

こんにゃくゼリーを凍らせておいて、
お弁当の中に入れてます。

 

保冷剤になる上に食べられるので
子供に好評なんですよ。


 

梅干をご飯にちぎって入れています。
あまり好きじゃない子のお弁当には、
ご飯の真ん中に、ぽんと入れて、残してきても
いいようにしてますよ。


 

我が家は、1年中クーラーバックを使用してます。
クーラーバックの中に、ペットボトルの飲み物を
凍らせたものを一緒に入れています。

 

季節によって、凍らせる飲み物の分量を調節してます。
全部凍らせると、飲みたい時にとけてないってことがあるので。


 

ご飯は、完全に冷まし、おかずは冷凍ものを
そのまま入れます。

 

冷凍ものがなければ、出来上がったお弁当を
30分くらい冷凍庫に入れます。

 

半分凍った状態にして、細菌の繁殖する
温度になることを防いでいます。


 

お弁当箱を、キッチンペーパーに酢を含ませたもので
ふたも含めて、内側を拭きます。

 

酢には、殺菌効果があるようです。
冬でも油断するとお弁当が痛むので
1年中、酢で拭いてます。


 

ご飯を炊くときに、梅干をいれて一緒に炊きます。
3合に対して梅干2個くらいの分量です。

 

炊き上がったら、種をはずして、ご飯全体に混ぜます。
すると、全体の色がピンク色で、綺麗ですよ。


 

卵焼きを1切れだけ冷凍しておいたものを入れます。

 

保冷剤の代わりにもなるし、食べる頃には
解凍されていて美味しく食べられます。

 

あとは、ひじきの煮物や、焼きそばなどを
小分けして冷凍しておいたものを、そのまま入れます。


 

 

 

 

 

 

 

お弁当用 ワサガード抗菌シート 50枚入

お弁当用 ワサガード抗菌シート 50枚入
価格:513円(税込、送料別)

関連ページ

子供の塾弁の実態のあれこれ
このページは、子供の塾弁の実態を調査して載せました。塾の時間によっては、2個持たせている方もいます。
子供の塾弁のポイント
中学・高校受験のため、学校から帰ってから 学習塾へ通う子供が増えましたね。そこで、お弁当を2個持たせることもあります。成長期で頭を使うあなたのお子さんの塾弁を考えました。
夏の塾弁対策 おかずが傷まない調理のポイント
梅雨時あたりから、塾弁が、傷んでしまう危険性のある季節になりますね。NHKあさイチ、5月22日放送で取り上げられた、調理の工夫を紹介します。